ADHD的LIFE

ポンコツ管理人による世の中にいる5%のポンコツな人達向けの誰得ポンコツブログ

メンタル的な話

発達障害はフラッシュバックやトラウマに悩まされる

発達障害の大半は過去に何かしらのトラウマがある人だろう。 過去の嫌な記憶、それは他人から見れば些細なことかもしれない。気にしすぎ、と笑われる程度のものかもしれない。 だけど、トラウマを抱えている本人は違う。 心にこびりついた嫌な記憶は、時々ふ…

発達障害は会社をクビになってセミリタイアする可能性も視野にいれよう

発達障害は会社をいつクビになってもおかしくないと思う。 こんなことを冒頭でいきなり書いたけど、今の仕事は運よく、うまくいっている。上司からの信頼も厚い、周りからの評判も悪くない。 会社の業績はあまり良くは無いし、給料もたいして良くはない。そ…

多くの発達障害が人生を辛いと感じてしまう理由

発達障害というやっかいな特性を抱えていると、自分の人生が辛いと感じてしまうことも多いだろう。 このサイトに訪れてくれる人も、ほとんどが発達障害に関する悩みや疑問を検索してたどり着いた方々だ。 その悩みは仕事や生き方、人間関係等々、多岐に渡る…

辛い事から逃げることは悪いことでは無い。逃げる選択肢をもつ大切さ

連日ニュースで報道される、いじめ・パワハラや過労の話。とても嫌な話だけど、日本という国に住んでいる以上、どこか当たり前の話になってしまっているのは悲しい。 日本社会は村社会が根強くて、閉鎖的で人と違うものを極端に排除する傾向があるという。「…

発達障害とグレーゾーンの境界線で悩んだら考えるべき2つのこと

自分が発達障害であると、自覚・診断されていると、時々わからなくなる。 一体どこからが普通の人で、どこまでが普通の人なんだろうと。コレができないことは普通なのか、発達障害だからできないのか。 それは自分が発達障害ではないかと疑っている人もそう…

発達障害は社会人になったら孤独になりがちだけど気にするな

発達障害で孤独な人は結構多いんじゃないだろうか? 僕は、どこか感情が欠落してしまったのか、一人でいることが、さみしくないと前、記事に書いた。 owaterune.hatenablog.com いつからなんだろう、そんな感情を持ったのは。この感情は決して、強がりじゃな…

ADHDがうつにならない為のおまじない

ADHDの人生は苦難の連続で正直辛い。子供の頃は運動音痴っぷりで馬鹿にされたり、いじめの対象になったり、大人になってからはしょうもないミスで冷たい目線で見られたり。 自分のポンコツっぷりを自覚させられるたびに気分が沈んでいく。 そんなんだからADH…

ADHDって甘えてるだけじゃね?と思われないためにやれること

ADHDはパッと見では普通の人だし、カテゴリ的にも健常者に分類される。 普通の人に分類されている限り、普通のことはできて当たり前。 できて当たり前のことができないと、子供の世界ではいじめられたり、大人の世界では馬鹿にされたり最悪クビになったりす…

発達障害は身近に潜んでいる攻撃的な人の餌食になりやすい

世の中良い人ばかりではない。当たり前のことだけど、運よく周りに恵まれているとそれが当たりまえに感じてしまう。もしかしたら、今、たまたま運がよく周りに恵まれているだけなのかもしれない。 むしろ、僕らはそう考えたほうがいい。発達障害は環境に適応…

大人になる前に発達障害の自分にできないことを整理していこう

無駄なことだが、人生を振り返ってあの時こうしていたら、と思うことが多々ある。いや、正直な話だがトラウマのオンパレードだ。 こんな簡単なこともできないのかと見下されたり、なんで皆できてるのにできないの?と問いかけられたり、無駄に同情されたり変…

自分が発達障害であることを認めた時に初めて次に進める理由

僕達に一番重要なことは、発達障害の自覚症状があるかないかということだ。これは簡単なことでありそうながらそうではない。 まず発達障害については義務教育では一切教えてくれないし、親も発達障害について知識がないことが殆どだ。 それに発達障害が原因…

発達障害の末路

僕は将来どうなるのだろうってよく考えることがある。25歳を超えると、自分の限界が見えてくる。人並みか、人並み以上か、人並み以下なのか段々わかってくるようになる。とりあえず、並み以下なのであろう。そして人並みの生活をすることは実は自分にとっ…